母の実家で毎年恒例行事である「餅つき」。


毎年12月30日に餅つきをしています。

一年の終わりを感じさせてくれます。


楽しく、美味しい、好きなイベントですが、

参加が半分ぐらい義務になっています。笑

というのも、

かまでお米をたく人、火の番としていれる人、お餅をこねる人、お餅をつく人、ついたお餅をのばす人、お餅を食べる準備をする人、お昼の準備をする人など、

とにかく人手がたくさん必要なのです。


特にお餅をこねたり、お餅をつく作業は力がいるため、若手男枠として参加が求められています。

(ちなみに50代ぐらいまでは若手枠だそうです笑)

もちろん、好きで参加していますが、役割を与えられるのも嬉しいですね!


餅つきの一連の流れは以下の感じです!


もち米を炊きます!

いつもは薪を入れ火で炊いていましたが、今年はガスでした。


もち米をきねとうすでこねます!


良い感じにお米の粒感がなくなったら

ついていきます!



美味しく頂きます!!


美味しく頂きます!!



大半は伸ばして、のしにします。

この状態でスーパーに売っていることも多いです。


つきたてのお餅は最強です。

この世で一番美味しい食べものだと

わりと本気で思ってます笑


お餅つきは、ペッタンペッタンついているイメージが多いですが、実はそれ以外の作業の方が多いです。

つける状態になったらあと少しという感覚です。


準備から一連の流れを体験できるのも凄く嬉しいです!大切な体験!


昔は、どの家でも当たり前に餅つきをやっていて、早いと夜中の3時ぐらいから餅つきの音が各家から響いていたそうです。

ただ、現在では餅つきをやっている家もかなり少ないようです。

この体験ができるのはとても貴重だなと感じています。

餅つき体験、文化をなるべく続けさせたいと思い、

姉と僕はやり方を覚えようと必死になっています。

簡単に覚えられない知識や技が多く、苦労しています。笑


今、姉の子供が2歳。

その子が元気につく姿を見れるように、この行事を続けていきたいと思いました!

孫の成長を楽しみにしている気分です!



お餅をたくさん食べて、身体が膨らむ準備ができました!!笑


良いお年を!!