流行れば流行るほど、流行りものに手を出せなくなるあまのじゃくな私ですが、

最近とうとう「鬼滅の刃」を読みました。

(Netfilixでアニメを視聴し、その後7巻~22巻をKindleで読みました)


その中で個人的にとてもハッとしたことがあり、

これは言語化しておきたいな、とPCを開いています。

※以下大したネタバレはないと思いますが、

ネタバレ絶対したくない派の方はご注意ください※




この物語は、「継いでいく」物語だと思いました。

たとえ自分が成し遂げられなくても、

自分が中継地として受け継ぎ、そのあとの世代が達成してくれる。

一代の命の長さでは完成しれきないと分かっていても

絶望せずに次の世代に託していく。

そういう生き方に意味がある。

そんな風に捉えました。


何かと自分が成し遂げることにこだわっていた気がします。

自分は何において特別なのか、

何を成し遂げられる人間なのか。

「中継地」であることは、なんだか半人前のように思えて

そういう自分を受け入れられなかった。


現代社会だと「誰かがやってくれる」という思考は

「他責思考だ!」と言われたりするし。


でも今

「中継地として存在すればいい」

「自分ひとりでやりきれなくても絶望しなくていい」

と思えたら、いろんなことを望みとして持ちやすくなった気がします。


中継地を極め、

凡人を極め、

生きていきたいな~と思いました。


おしまい