女優の松たか子は1997年、「明日、春が来たら」という楽曲で歌手デビューした。冬と春の境目の中で揺れ動く、野球少年とそれを見守る女の子との恋心を歌った名曲である。この曲と「サクラフワリ」「桜の雨、いつか」は「松たか子・春の名曲3部作」だと、僕は勝手に言っている。

そして、それからちょうど10年後の2007年、「明日、春が来たら97-07」という楽曲が発表された。メロディーと歌詞に若干のアレンジが加えられているが、曲全体を包み込む切ない雰囲気は変わっていない。

そんな「97-07」版の歌詞に、付け加えられた言葉があった。それは「銀座線の階段」という6文字だ。

この楽曲に具体的な地名は出てこない。でも、その階段があるのは渋谷でも銀座でも浅草でもなく、外苑前駅だという確信がある。なぜならば、外苑前は明治神宮野球場の最寄り駅だからだ。




僕は外苑前が大好きだ。この駅と街には季節を問わず、よく訪れている。目的はもちろん、スポーツを観るためだ。秋から冬にかけてはラグビーを観に秩父宮へ。そして、春の訪れと共に明治神宮野球場で白球を追いかけている。

スタジアムには一体どんなゲームが待っているのだろう? はやる気持ちが抑えられず、そそくさと改札を飛び出す。銀座線の階段を駆け上がる。登り切ったあとに、広がる明るい春の空と都会のビル群。青山通りの交差点を横目に見ながら、なだらかな坂を登る。僕と同じく、スタジアムに向かう観客がちらほら。みんな初めて出逢う人だけど、同じ目的を抱いているのでちょっとくすぐったい。駅からスタジアムは5分もあれば到着できる。でも、この時間がなぜかもどかしい。

「97-07」版の彼女も、そんな気持ちを抱いてスタジアムを目指していたに違いない。

ところで、一体この10年間の間に「明日、春が来たら」の世界には何があったのだろうか? 色々と妄想は膨らむ。


10年前の3月末、野球少年と彼を見守る女の子だった2人は、10年後の3月末に神宮で再び交錯する。彼は野球を続けているのだ。中学生ないしは高校生が10年後、この時期に神宮で野球をするのならば、ヤクルトスワローズの選手として、プロ野球のオープン戦に挑んでいると考えるのが、一番自然な発想である。

プロ野球選手として活躍する彼はどのような立場なのだろうか。トリプルスリーを達成するような名選手に育ったのか。いや、それとも大志を抱いて挑戦したものの、(怪我に苦しみ?)崖っぷちなのか。もしもこの試合が、開幕1軍を賭けた勝負の舞台という可能性もある。どちらの立場にせよ、彼女は彼女で歯がゆいのではないだろうか。それは10年前の恋心に揺れ動いていた、あの頃と同じように。


   ◆


「明日、春が来たら07-17」という楽曲は、現時点ではリリースさていない。物語は曲を愛する人たちの心の中で、こっそり紡いでいく他なさそうである。

随分と遅い春がやってきた。またいつか「銀座線の階段」を駆け上がり、大好きな街の野球場で、春を満喫したいものである


===============


そんなこんなで、2020年のプロ野球開幕ですね。

こちらの記事は2017年に発表した内容に、一部加筆修正をしたものです。



「明日、春が来たら 97-07」は2020年3月のSUSONOプレイリストでも推薦しておりますので、お聴き頂ければ幸いです