ゆるやかにつながり、
心地よい暮らしの文化圏をつくる。
Message

こんにちは。

このたび、これからの心地よい暮らしや社会についてともに考え、暮らしをもっと楽しむためのコミュニティ「SUSONO(すその)」を発足しました。

SUSONOは、佐々木俊尚「21世紀の教養を身につける議論型コミュニティLIFE MAKERS」と松浦弥太郎「くらしのきほん」×「灯台もと暮らし」×「箱庭」のメディア集合体「スチーヴ」が一つになり、より広い分野で、ゆるやかにつながりながら、新しい暮らしの文化圏を作ろうというプロジェクトです。

「LIFE MAKERS」も「スチーヴ」も共に、私たちが“地に足つけて心豊かに暮らせるには、どのようなコトや情報が必要なのか”を、考え、学び、楽しみながら活動してきました。両者は非常に相性が良く、今回仲間となることで、より楽しみの幅が広がるのではないかと考えました。

  • 佐々木俊尚の21世紀の教養を身につけるためのアカデミックな活動
  • 松浦弥太郎「くらしのきほん」の心にやさしく語り掛ける日々の食やくらしの様子
  • 「灯台もと暮らし」の地方の暮らしも含めた、新しい生き方や働き方の発信
  • 「箱庭」の女性クリエイターのためのライフスタイル提案

これらが一つになって活動する。みなさん、なんだかワクワクしませんか?

それぞれ確固たる個性を持ちながらも、似たような文化感や価値観を持ち合わせているので、まるで山の裾野が広がっていくように、新しい文化圏を作っていけると信じています。

活動のテーマは ■ 2018年
「住む」「食べる」「装う」「働く」「整える」「観る・聴く」「旅する」「集う」「伝える」「動く」「表現する」「読む」
■ 2019年
「笑う」「育む」「泣く」「創る」「休む」「こだわる」「遊ぶ」「決める」「書く」「嗜む」「失敗する」「愛する」
など多岐にわたります。

もちろん人によっては「これは好きだけど、これには興味ない…」と思われるかもしれませんが、「自分はこれ」と決めつけすぎて視野が狭くなったり、情報や生き方が偏ってしまうこともあります。少しづつ自分とは違う価値観を受け入れ、多様性を身につけることも、これからの時代を楽しむために必要なのではないでしょうか。

『SUSONO』は、大きくは同じ方向性を向いている、でも多様性を受け入れより人生の幅を広げてくれる、そんな理想のカタチを実現させました。また、特定の個人が主体ということではなく、運営メンバー、賛同くださる仲間たちみんなが主体となった場、ひとりひとりがコミュニティを彩っていくことを理想とし、活動していきます。

「わたしたちの"居場所"はココだったんだ」
「新しい"仲間"はココにいたのか」
「ここから新しい"文化圏"が生まれていくんですね」

そう思っていただける『SUSONO』をつくっていきますので、みなさんお気軽にご参加ください!

活動メンバー

これからの時代にいちばん大切なのは、同じ感覚の仲間たちとつむぐ共同体。一緒に共同体をつくり、そして学び、体験し、楽しみましょう。お待ちしています。

佐々木俊尚

佐々木俊尚

「LIFE MAKERS」

作家・ジャーナリスト。1961年生まれ。毎日新聞社の記者、月刊アスキー編集部を経て、フリージャーナリストとして活躍。ITから政治・経済・社会・文化・食まで、幅広いジャンルで、綿密な取材と独自の視点で切り取られた著書はベストセラー多数。Twitterのフォロワーは80万人と日本でもトップクラス。著書に『キュレーションの時代』(ちくま新書)、『家めしこそ、最高のごちそうである。』(マガジンハウス)、『そして、暮らしは共同体になる』(アノニマ・スタジオ)など。

人と会う。人と話す。人と味わう。人と楽しむ。人と笑う。人と感動する。人と…など。つましいけれども、人と人ができることって、とてもすてきなことです。

松浦弥太郎

松浦弥太郎

「くらしのきほん」

㈱おいしい健康・共同CEO。2006年から「暮しの手帖」編集長を9年間務め、2015年にWEBメディア「くらしのきほん」を立ち上げる。「正直、親切、笑顔、今日もていねいに」を信条とし、暮らしや仕事における、たのしさや豊かさ、学びについての執筆や活動を続ける。著書多数。雑誌連載、ラジオ出演、講演会を行う。中目黒のセレクトブックストア「COW BOOKS」代表でもある。

鳥井弘文

鳥井弘文

「灯台もと暮らし」

株式会社Wasei代表。1988年、北海道函館市生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒。日本全国の地域を取材しながら、これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」を運営している。

伊佐知美

伊佐知美

「灯台もと暮らし」

『灯台もと暮らし』創刊編集長、ライター、フォトグラファー。1986年新潟県生まれのノマド族。2016年4月より世界一周×仕事の旅へ出発、帰国後もオフィス・家なしノマド暮らしを継続中。著書に『移住女子』(新潮社)。

藤田華子

藤田華子

「LIFE MAKERS」

1987年、栃木県出身。立教大学卒業後、株式会社ロッキング・オンにて音楽雑誌の編集を担当。2014年にRIDE MEDIA&DESIGN株式会社入社。コンテンツマーケティング、広報、「LIFE MAKERS」のコミュニティ運営を務める。

右近美紗紀

右近美紗紀

「箱庭」

1993年生まれ、広島県出身。青山学院大学総合文化政策学部卒業。広告制作会社の経理を経て、2017年にRIDE MEDIA&DESIGN株式会社入社。現在はWebマガジン「箱庭」編集部のメンバーとして、記事の編集やライティングなどを行う。

コンテンツ Contents

  • 1 メンバー限定のイベント(頻度:月2回)

    メンバー限定のイベントを月に2回行います。毎月テーマを設定し、1回は各界で活躍する著名人と佐々木俊尚とのトークイベント、もう1回は各種ワークショップやトークイベントを予定しています。毎回終了後には懇親会を行い、メンバー同士の交流の場をつくります。

    イベントの様子は録画・録音し、後日メンバー限定で配信しますので、参加できない方、遠方にお住まいの方もオンラインで楽しめます。(動画や音声を展開しない場合もございます)

    ※12月、1月の年末年始、8月のお盆期間は皆さん忙しい時期ですので、イベントを月1回にする場合がございます。予めご了承くださいませ。

    ■ これまでにお越しいただいたゲスト

    ゲスト 松原亨
    ゲスト 藤田和芳
    ゲスト 野宮真貴
    ゲスト 糸井重里
    ゲスト 辻秀一
    ゲスト 亀田誠治
    ゲスト 石川直樹
    ゲスト 佐々木圭一

    ■ 各種ワークショップの様子

    空き家ツアー
    和菓子体験
    フォトウォーク
    富士山下山
  • 2 オリジナルコンテンツの展開(週に1回 + イベントのレポート記事2本)

    SUSONOのオリジナルコンテンツを、サイトにてメンバー限定で公開していきます。各月に大きな1テーマ(例えば「住む」「食べる」など)を設け、それについて深堀りしていくような記事を公開します。こちらは主に「灯台もと暮らし」と「箱庭」メンバーによる発信となります。

    ■コンテンツ例

    灯台もと暮らし

    • 食べることにこだわりを持つと毎日にどんなことが待っている?
    • 「誰と働くか」と「柔軟さ」がよりよく働くための鍵かもしれない
    • SUSONO会員がオンラインでもオフラインでもつながれる場をつくりたい【文化放送部インタビュー】

    箱庭

    • 縄文時代から続く技法を使ってバッグをつくる。震災を機にブランドを立ち上げた、SUSONOメンバー 濱崎美祐紀さんインタビュー
    • ポーズだけじゃない!ヨガの本来の目的は、心と体を繋げてありのままの幸せを感じること。
    • 箱庭編集部メンバーの“裾野”を広げた映画9選

    記事は基本的にメンバーのみの閲覧となりますが、一部皆さんにご覧いただけるオープン記事もございます。ぜひこちらにてご覧になってみてください。記事は基本的にメンバーのみの閲覧となりますが、一部皆さんにご覧いただけるオープン記事もございます。ぜひこちらにてご覧になってみてください。 >> 記事ページ

  • 3 松浦弥太郎によるコンテンツ展開(不定期)

    毎月のテーマに関する、松浦弥太郎のインタビューコンテンツを公開します。

    松浦弥太郎

  • 4 インタビューコンテンツ(不定期)

    オリジナルの1万字規模のロングインタビュー。毎回、各界で活躍する方々に佐々木俊尚がインタビューし、それをメンバー限定の記事として配信します。1000〜2000文字がデフォルトとなっているWEBメディアでは読めない、読み応えのあるインタビュー記事です。

    佐々木&田村

    佐々木俊尚 X 田村健太郎「コミュニティが担う未来の役割とは?」

  • 5 部活動コンテンツ

    参加メンバーのみなさんが主体となる部活動を行っていくコンテンツ。同じような趣向を持った仲間を集めて、ワイワイと楽しみながら活動します。サイトには部活動のコーナーがあり、活動内容を確認したり、活動内容を記事として投稿したりすることも可能です。みなさん、ぜひチャレンジしてみてください。

    マラソン部

    カメラ部

    登山部

    文化放送部

    将棋部

    カレー部

    などが活動しています。

    ■ 文化放送部からのメッセージ

    やばこさん

    やばこさん

    文化放送部部長

    SUSONOは「住んでよかった街」のような存在です。部活動という名のお店が沢山あって、会員さんが楽しそうにしている。チラリと覗くと歓迎してくれる。居心地がよくて、ここに住んでよかったなとしみじみ思う。そんな場所です。

    祥さん

    祥さん

    文化放送部副部長

    裾野に広がる村で、みんながすきなことをしている。隣をのぞいてみたり、ふらふらしたりしてるうちにすきなことや人に出会える。テーマと向き合うことで、自分にも出会い直せる。そんなやさしくて心地よい場所です。

  • 6 その他コンテンツ

    運営メンバーによるコラム、新メンバー歓迎会、懇親会、地方イベントなどを予定しております。

    SUSONOの活動期間
    SUSONOは「2017年12月〜2019年の12月まで」の2年間の活動を想定しております。2年後、「このコミュニティをどうしていくのか? 」については、皆さんとともに考えていければと思います。

えられること Benefits

  • 新しい暮らしや社会を考えるキッカケになる。
  • 同じような価値観を持った仲間とつながれる。
  • 自分の興味ごとについて、より理解を深められる。
  • 興味がなかった分野のことについて知るキッカケとなる。
  • 佐々木俊尚、松浦弥太郎、灯台もと暮らし、箱庭と気軽につながれる。
  • SUSONOの枠組みを使って自分が主体になって活動することができる。
  • 会社や家族、友人以外の新しいコミュニティに属せる。
  • 21世紀の教養を身につけることができる。
  • メディアやコミュニティ運営について学べる。
  • 「食」「暮らし」「仕事」「ファッション」「メディア」「旅」「写真」「デザイン」「移住」「家族」「オーガニック」「映画」「音楽」「お金」「マインドフルネス」などについて知れる。

こんなかたへおすすめ Recommend

  • 今も楽しいが、もっと暮らしを楽しみたい方
  • 新しいコミュニティを通して仲間とつながりたい方
  • 年齢、職業は関係なく価値観を大事にしている方
  • これからの教養を身につけたいと思っている方
  • メディアやコミュニティの運営をしている方
  • 自分にとって心地よい居場所を見つけたい方
  • 新しいことにチャレンジしてみたい方

プラン Plan

メンバー

月額4,500円(税別)

学生メンバー

月額2,700円(税別)

毎月のクレジットカード払い
半年ごとの銀行振込払い

※22歳以下の方も学生メンバーに含みます。

※SUSONOは「2017年12月〜2019年の12月まで」の2年間の活動を想定しております。
2年後、「このコミュニティをどうしていくのか? 」については、皆さんとともに考えていければと思います。
予めご了承くださいませ。

注意事項 Remarks

※コミュニティ内の投稿は、メンバーのみの限定公開を前提にしています。よって、コンテンツ(動画・写真・文章等)の無断転用や許可なしでのメンバー写真のアップなどはお控えください。ただし、投稿を個人が特定できない形でご紹介させて頂く場合がありますのであらかじめご了承ください。

※メンバーが安心して気持ちよく交流出来るコミュニティをつくるため、誹謗中傷や運営側が不適切と判断したコメントは削除させて頂く場合がございます。また、他メンバーへの迷惑行為、情報商材またはそれ相当と判断されるビジネスに関わる方の入会はお断りします。確認されたメンバーには、警告や強制退会などの措置を取らせて頂くことがあります。

※実名での参加を推奨しております。オフラインでの交流もありますので、プロフィールの設定お願いししております。実名との不一致があった場は、各種イベントに参加いただけない場合がありますことご了承下さい。

※退会手続きはメンバーさんご自身で可能です。

※SUSONOの利用規約に準じます。

以上、どうぞよろしくお願いいたします。